BANK The Story 人生を豊かにする、お金の使い方

ショッピング
2020.03.19
地元・松阪の隠れた名産品を、モダンにアップデート──『松阪もめん(三重県松阪市)の名刺入れ』 1,650円

BEAMS JAPANディレクター 鈴木修司さんが語る[知られざる日本の銘品] その3【松阪もめん(松阪市)の名刺入れ】

おなじみの松坂牛より歴史ある名産品である、松阪もめんの「名刺入れ」。天然の藍で糸から染めて織り上げた生地は、使い込むほどに「色が湧いてくる」といわれるほど長く愛せるもの。松阪もめんセンターでは、郷土の文化財としてその技術を伝えるとともに、生活工芸品ブランドとしてハンカチやノート、コインケースなどのさまざまなアイテムを紹介しています。また反物の販売や、織物体験会なども行っています。

日本文化の発信拠点として、サブカルチャー、アート、クラフト、ファッションなど、あらゆるジャンルで日本の魅力を紹介している「BEAMS JAPAN」。そのバイヤー兼ディレクターを務める鈴木修司さんは、1年を通してほぼ毎週日本中を飛び回り、各地の名物、工芸品の数々を再評価するべく独自の切り口で紹介しています。「プロダクトとともにその産地やつくり手、素材、歴史、文化といった、"背景"すべてをお客様に届けたい」という鈴木さんがおすすめする、知られざる日本の銘品を紹介する連載を、全6回にわたってお届けします。

第3回で取り上げていただいたのは、「松阪もめんセンターの名刺入れ」です。松阪といえば、松坂牛。世界的ブランドの陰に隠れてしまいがちな、まさしく知られざる銘品だからこそ、「地元出身の自分が取り上げねばならなかった」と言います。はたして松阪もめんとは? そして別注したアイテムは、どんなラインナップなのでしょうか?

「僕の地元、松阪市の名産品である松阪もめんというのは、江戸時代から受け継がれてきた古典的な藍染織物です。倹約令によって華美な着物を着ることができなくなった江戸っ子の間では、遠目には無地に見える粋でお洒落な縞模様として、『松坂嶋(まつさかしま)』と呼ばれる松阪もめんの縞柄着物が大流行したのだとか。
しかし、ほぼ着物にしか使われていなかった生地なので、和装業界の縮小化が進むいま、松阪もめんの先行きも明るくありません。地元では和装だけでなく、パッチワークをしてベストやバッグを作るなど、趣味の洋裁のような需要もあります。今回、取り上げた名刺入れ(各税抜1,650円)のように現代的にアップデートされている製品もあるのですが、まだまだイメージ的にはお洒落ではない(笑)。そこでBEAMS JAPANの別注コレクションでは、松阪もめんを使ってキャップやトートバッグなどのファッションアイテムを製作し、プリントや刺繍を施すことにしたんです。
松阪牛という世界的ブランドにくらべれば無名ですが、松阪出身の僕は昔から知っていて、すごくいいものだということもわかっていました。当然、松阪もめんに携わっている人たちは、この美しい生地に何かを載せるなんて考えませんし、嫌がります。でも古典的な柄そのままでは、どうしても野暮ったさが漂ってしまう。丹念に染めて織り上げた藍色の生地の上に、あえてポップなグラフィックを載せる──そうすることで逆にベースの藍色を際立たせ、柄そのものも現代的に感じさせるというのが、僕のチャレンジでした」(鈴木さん)

「昔ながらの本藍染は、使い込むことで鮮やかな青みが出てきます。色がどんどんきれいになってくるんです。さらにアーカイブを紐解けば、『松坂嶋』のみならず魅力的な柄がたくさんある。そこで定番の縦型トートバック(税抜8,000円)やポーチ(Sサイズ税抜2,200円)などを展開する別注コレクションでは、職人の皆さんのご協力によって"柄の見本帖"に存在する伝統の柄をいくつか再現してもらうことにしました。現代では製法が不明になっている染料もあるので、手探りの作業です。とても手間と時間がかかるのですが、この企画のために特別に復刻していただいたんです。

img_704-3_02.jpg

img_704-3_03.jpg

グラフィックは金安亮さんという人気イラストレーターにお願いし、松阪にちなんだシンプルで味わい深いイラストがプリントと刺繍であしらわれ、伝統ある藍染の色合いをさらに引き立てています。モチーフは松阪牛の"牛"と、松阪の"松"、そして歴史の教科書にも載っている国学者・本居宣長が開いた鈴乃屋という学校にちなんだ"鈴"を採用しています。鈴は松阪の人にとって、特別なもの。これは地元の人間にしかわからないものかもしれませんね(笑)。
自分が地元出身であるというアピールをしながら松阪市やつくり手の皆さんを説得し、晴れて商品化され、おかげさまで大きな反響をいただいています。本当にやってよかったと思いますね」(鈴木さん)

鈴木修司 プロフィール
1976年生まれ。1998年「株式会社 BEAMS」入社。「BEAMS MODERN LIVING」の店舗スタッフ、「fennica」のMD、「B:MING LIFE STORE」の生活雑貨担当バイヤーを経て、2016年にオープンした日本文化の発信拠点『BEAMS JAPAN』のバイヤーとして1階「銘品」フロアのディレクションを担当。現在はバイヤー兼ディレクターとして、国内の銘品や工芸を紹介するフロア全体のディレクションを手がけている。

      
              ストーリーは、BANK The Savings  の目標設定を具体的にイメージするための情報提供を目的として、委託先が作成したものであり、掲載の商品・サービスの誘引が目的ではありません。また、掲載内容は、作成時点における委託先における意見・見解が含まれるもので、個社・個別の商品・サービスを推奨・保証するものではありません。ストーリー内記載のコストは参考値であり、その他諸費用がかかる場合があります。特段の記載のない限り、ストーリー内記載のコストは税込価格とし、税率は10%(軽減税率適用商品は8%)とします。ただし、イートイン・テイクアウトで税率が変わる商品もありますので、詳しくは直接商品・サービスの取扱業者にお問い合わせください。
情報の正確性、完全性、信頼性、適切性等に加え、配信時点で当該商品・サービスが存在すること、お客さまの購入・利用の可能性、価格および掲載企業(人)の内容に関し、あおぞら銀行は一切保証するものでありません。また、投資勧誘や特定銘柄の推奨を目的とするものではありません。掲載情報に基づき行ったお客さまの行為および結果等について、あおぞら銀行は一切の責任を負いません。
掲載画像はイメージであり、実物の商品やサービスなどと異なる場合があります。
掲載の商品・サービスに関するお問い合わせは、あおぞら銀行窓口・コールセンターではお受けできません。直接商品・サービスの取扱業者にお問い合わせください。
BANK The SavingsはBANKアプリのみで提供されるサービスです。
BANK The SavingsおよびBANKアプリについては、あおぞらホームコール(0120-250-399)にお問い合わせください。

2019/12/11

──────────────────────
松阪もめん手織りセンター
──────────────────────
三重松阪市本町2176松阪市産業振興センター1階
──────────────────────
tel. 0598-26-6355
──────────────────────
9:00~17:00
──────────────────────
火曜休
──────────────────────

参考コスト
名刺入れ
1,650円(税抜)
参考コスト合計金額
SHARE
BANK
BANK™アプリを
いますぐダウンロード!
BANK™アプリではさらに多くの
ストーリーをご用意。
いち早く最新の
ストーリーを読むにはアプリが便利!
BANK素晴らしい人生のためのマネーサービス
好金利の預金と各種手数料無料が嬉しい!
高金利と各種手数料無料が嬉しい! 高金利と各種手数料無料が嬉しい! plus
安心のキャッシュレスサービスをオトクに体験
Visaデビット5回利用でさらに1500円プレゼント
  1. BANK⽀店限定、2020年7⽉6⽇現在の普通預⾦⾦利。普通預⾦は変動⾦利です。
  2. あおぞらネット定期 期間1年 単利型、2020年7⽉1⽇現在の適⽤⾦利。預⼊⾦額50万円以上の場合。
  3. Visaデビットで提供している最大1%キャッシュバックとは異なります。
  • 業界No.1の根拠:2020年7月6日現在、国内銀行(外国銀行・信用金庫等を除く)のうち、ホームページに金利掲載を行っている127行を調査(あおぞら銀行調べ)。キャンペーン等個別のお客さまごとの条件があるものは除きます。調査結果は過去の実績であり将来を約束するものではありません。
BANK™について詳しく見る
BANK

BANK™は「お金も時間も賢く使って、幸せにすごしたい」
そんな価値観を大切にする方のために生まれたマネーサービスです。
あなたの素晴らしい人生のために、今すぐアプリで口座開設。

運転免許証をお持ちの方は
今すぐアプリで簡単口座開設(BANK支店口座)
apple google