BANK The Story 人生を豊かにする、お金の使い方

楽しく学ぶ
2021.02.03
人とつながる小さな本屋の店主になる 3,850円

東京都・武蔵野市の「BOOK MANSION」

70軒ほどの「小さな本屋」が集まるお店が吉祥寺にあります。こちらは「シェアする本屋」として、1棚を月々3,850円という形で貸し出していて、置く本もプライスも店子さんの自由。多種多様な本が棚ごとに表現されているその世界は、まさに小さな本屋が集まるマンションのようです。

img_088_02.jpg

まず出会ったのは子ども店長と妹の作家

吉祥寺駅を下車して歩くこと5分。たどり着いたのは「X4(バツヨン)ビル」というこれまた1度聞いたら忘れられない名前の建物。その階段を下りた地下に目指すお店はありました。奥のカウンターで出迎えてくれたのは、小学5年生の山内蒼大店長です。この店では、店子さんが交代で、店長として店番に立つ約束となっています。「僕のお店(棚)『こども本屋まる:そ』はこちらです。いま宗田理先生のフェアをやっています。妹が書いた本も売っていますよ」すると、その横から出てきたのは、妹の彩葉ちゃん。抱えているのは自著『いろいろなもよう』880円。オール手書き、一冊限りのオリジナル本です。第1作目は、地元のプロの書店員さんが購入して行ったということで、こちらで第7作目、彩葉ちゃんもすでに立派な作家の仲間入りを果たしています。

img_088_03.jpg

img_088_04.jpg

店長の蒼大くんに、お店で大変なことは何かと尋ねると、「う〜ん」と考えたのち、「僕のお店(棚)で売れた売上を、自分が次に読みたい本に使ってしまい、お金が残らないことですかね」。そう答えると、手にしていた本を黙々と読み始めました。本当に読書が好きなようです。現在は蒼大くんも含めて、3人の現役小学生の店子さんがいます。元気あふれる彼らの「小さな本屋」のほかにも、店内はどこをみても、目を見張る本屋ばかり。

img_088_05.jpg

70人の個性あふれる店主たち

「本と茶葉を抱き合わせで販売している書店」には、小説とその作品世界に合いそうなティーバッグが裏表紙に貼り付けてあり、「大学生たちが自分の好きな本に手書きの帯を巻いた書店」には熱意がこもった、この世に一枚だけの帯が掛けられて販売されています。さらに強烈なのは、「封がしてある黒い紙袋に、『私の大切な八冊』のうちのどれか1冊が入っています」という書店で、QRコードから辿るとその人のHPに行き着きますが、どんな種類のどんな形状の本が入っているのか、皆目検討がつきません! そんな個性のあふれ過ぎる店子さんたちは、店番に立つ・本を補充する・売れ行きをチェックしに来るなど、この店に訪れますが、その時にいるほかの店子さんたちと自然に交流が生まれていきます。その結果、「BOOK MANSION」を飛び出して、読書会を開いたり、実際の大型書店さんからフェアを依頼されたりと、一店子に留まらない活動の輪が広がっています。新刊のプロモーションに棚を買っている出版社もあります(新刊の場合は定価販売です)。

img_088_06.jpg

img_088_07.jpg

そして仕掛人の中西さんに出会う

この「BOOK MANSION」を手がけたのは中西功さん。三鷹に、弟とともに無人の古本屋「BOOK ROAD」を作り、運営するなど、あっと驚くような、それでいて「運営者がラクで、持続できる」本屋の新しいモデルを作っている方です。
「今の書店さんの経営は本当に苦しいですよね。店舗もどんどん減っています。でも、本を仲立ちにさまざまなコミュニケーションの可能性を感じています。棚貸しという商売は昔からあって、僕はそれを現代風にアレンジしています」。中西さんは1棚3,850円の場所貸し代と、1冊売れたら100円をもらう仕組みで運営を続けています。仕組みは明瞭、しかも人の輪がどんどん広がっていると語ります。
「1人で頭を抱えて考えていても、出てくるものは少しです。それよりは、人が介在すればするほど、面白いものが生まれてきます。70人の頭脳がそれぞれで考えると、70倍のアイデアが生まれてくるのです。本は個性を出しやすく、面白いツールですよね」。

img_088_08.jpg

わざわざ集まってくれる場所ということで、人目につく路面の店よりも、地下のここを選んだという中西さん。店子さん同士のつながりは、棚を借りている人しか見られないFacebookグループとTwitterなどのオープンな場でのSNSの確認ぐらい、積極的に対外的な宣伝はせず、HPすら持ちません。しかし、ここに集う人たちは面白がりながら、自分たちの書店を運営し、自分たちであちこちに発信してくれています。
「僕はなるべくこの場にいなくて、皆さんにお任せした方がいいと思っています。その方がいろんな人の個性を感じることができますし。そしてこのモデルを横展開して、全国に広げて、2025年末には1,000店舗に増やしたいです」。すでにその試みは始まっており、2021年3月には10店舗ほどが開店するという。「人とつながる本屋」なんだか、ワクワクしてきますね。ぜひ1棚、申し込みをしてみて下さい。きっと何かが変わりますよ!

img_088_09.jpg

Photos: Hiroyuki Joraku 
Words: Tomohiro Tsuchiya @ Yellowjam

      
              
<ストーリーに関するご留意事項>
ストーリーは、BANK The Savings の目標設定を具体的にイメージするための情報提供を目的として、委託先が作成したものであり、掲載の商品・サービスの誘引が目的ではありません。また、掲載内容は、作成時点における委託先における意見・見解が含まれるもので、個社・個別の商品・サービスを推奨・保証するものではありません。ストーリー内記載のコストは参考値であり、その他諸費用がかかる場合があります。特段の記載のない限り、ストーリー内記載のコストは税込価格とし、税率は10%(軽減税率適用商品は8%)とします。ただし、イートイン・テイクアウトで税率が変わる商品もありますので、詳しくは直接商品・サービスの取扱業者にお問い合わせください。
情報の正確性、完全性、信頼性、適切性等に加え、配信時点で当該商品・サービスが存在すること、お客さまの購入・利用の可能性、価格および掲載企業(人)の内容に関し、あおぞら銀行は一切保証するものでありません。また、投資勧誘や特定銘柄の推奨を目的とするものではありません。掲載情報に基づき行ったお客さまの行為および結果等について、あおぞら銀行は一切の責任を負いません。
掲載画像はイメージであり、実物の商品やサービスなどと異なる場合があります。
掲載の商品・サービスに関するお問い合わせは、あおぞら銀行窓口・コールセンターではお受けできません。直接商品・サービスの取扱業者にお問い合わせください。
BANK The SavingsはBANKアプリのみで提供されるサービスです。
BANK The SavingsおよびBANKアプリについては、あおぞらホームコール(0120-250-399)にお問い合わせください。
2020/12/10取材
2021/3/26編集

──────────────────────
BOOK MANSION
──────────────────────
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-13-1
──────────────────────
営業時間:水曜・金曜・土曜・日曜の13:00~17:00
──────────────────────
定休日:月曜・火曜・木曜・祝日(店番の都合でお休みになることがあります)
──────────────────────

参考コスト
棚貸し(1ヶ月ごと) 
3,850円
参考コスト合計金額
SHARE
BANK
BANK™アプリを
いますぐダウンロード!
BANK™アプリではさらに多くの
ストーリーをご用意。
いち早く最新の
ストーリーを読むにはアプリが便利!
BANK素晴らしい人生のためのマネーサービス
好金利の預金と各種手数料無料が嬉しい!
高金利と各種手数料無料が嬉しい! 高金利と各種手数料無料が嬉しい! plus
安心のキャッシュレスサービスをオトクに体験
Visaデビット グットスタートプログラムのご案内
  1. BANK限定、2021年4⽉5⽇現在の普通預⾦⾦利。普通預⾦は変動⾦利です。
  2. BANK The 定期 単利型、4月1日現在の適⽤⾦利。預⼊⾦額50万円以上の場合。
  3. Visaデビットで提供している最大1%キャッシュバックとは異なります。
  • 業界No.1の根拠:2021年4⽉5日現在、国内銀行(外国銀行・信用金庫等を除く)のうち、ホームページに金利掲載を行っている125行を調査(あおぞら銀行調べ)。キャンペーン等個別のお客さまごとの条件があるものは除きます。調査結果は過去の実績であり将来を約束するものではありません。
BANK™について詳しく見る
BANK

BANK™は「お金も時間も賢く使って、幸せにすごしたい」
そんな価値観を大切にする方のために生まれたマネーサービスです。
あなたの素晴らしい人生のために、今すぐアプリで口座開設。

運転免許証をお持ちの方は
今すぐアプリで簡単口座開設(BANK口座)
apple google