>

用語解説

財務ハイライト

財務ハイライトに関する用語をご案内します。

損益勘定項目

連結粗利益

銀行本来の業務からの利益である「資金利益」「役務取引等利益」「特定取引利益」「その他業務利益」の合計が業務粗利益です。(「連結粗利益」は、銀行の子会社を含めた連結ベースでの粗利益を表します。)一般企業の場合における粗利益(売上−売上原価)に相当するもので、銀行が子会社を含めたグループ全体で、銀行本来の業務でどのくらいの利益を上げているかを表します。

資金利益

銀行が、預金等により調達した資金を貸出金や有価証券で運用することによって受け取る貸出金利息や有価証券の利息配当金等、資金の運用によって得られる収益(資金運用収益)から、預金利息など、銀行が資金の調達のために支払った利息等の費用(資金調達費用)を差し引いたものです。

資金粗利鞘

貸出金、有価証券などの資金運用利回りから、預金金利などの資金調達利回りを差し引いたものです。

役務取引等利益

貸出業務、証券業務、為替業務など銀行が提供するサービスの対価として受け取った手数料などの収益から、他の銀行等に支払った支払手数料等の費用を差し引いたものです。

特定取引利益

銀行が、特定取引勘定で行う有価証券等の市場取引やデリバティブ取引等から生じた収益と費用の差額です。特定取引勘定とは、銀行が、金利、通貨、有価証券等の相場の変動などを利用して市場取引により利益を得ることを目的とした取引(トレーディング目的の取引)を、貸出や預金のようなトレーディング目的以外の取引と区分して経理するための勘定項目です。

その他業務利益(国債等債券損益を含む)

その他業務利益は、銀行本来の業務からの利益のうち、上記の資金利益、役務取引等利益、特定取引利益以外のものです。例えば、投資目的で保有していた国債等の売却による損益や外貨の売買による損益などが含まれます。

営業経費

銀行が業務活動を行う上で必要な経費です。行員の給料などの人件費、店舗や広告あるいはコンピューターシステム関連の費用などの物件費、税金があります。

経費率(OHR)

経費率(Over Head Ratio)は、銀行の業務の効率性を示す指標の一つで、営業経費の粗利益に対する比率を表します。この比率が低いほど、より少ない営業経費で、より多くの粗利益を上げていることを示します。
経費率(OHR)=営業経費/業務粗利益×100

連結実質業務純益

銀行本来の業務からの利益である連結粗利益から、銀行の営業活動のための費用である営業経費を差し引いたもので、銀行が本来の業務活動で稼ぎ出した利益を表します。

経常利益

連結実質業務純益から、不良債権の処理にかかった費用(与信関連費用)や保有する株式の売却による損益などの臨時的に発生した損益を加減したもので、銀行の通常の活動から生じた利益を表します。

与信関連費用

貸出金等の債権が、将来回収不能となった場合の損失を事前に手当てするための貸倒引当金の計上に係る費用や、貸出先の破綻などによる貸倒れ損失(貸出金償却)など、貸出等の与信業務から発生する、貸出先の業況の悪化や破綻等による費用です。

金融再生法開示債権

金融再生法開示債権

金融再生法(金融機能の再生のための緊急措置に関する法律)に基づき、銀行が開示している不良債権額のことです。銀行は、貸出金等の債権を貸出先の状況などに応じて、「破産更生債権等」、「危険債権」、「要管理債権」、「正常債権」の4つに分類し、このうち、「正常債権」を除く3つの債権の合計額を銀行が保有している不良債権の額として開示しているものです。

破産更生債権等

破産手続開始、更生手続開始、再生手続開始等の申立等の事由により、経営破綻に陥っている債務者に対する債権およびこれに準ずる債権です。

危険債権

債務者が経営破綻の状態には至っていないが、財務・経営状態が悪化し、契約に従った債権の元本回収および利息の受け取りができない可能性の高い債権です。

要管理債権

「3ヶ月以上延滞債権」と「貸出条件緩和債権(債務者の経営再建または支援を図ることを目的として、債務者に有利となる取決めを行った債権)」です。

開示債権比率

金融再生法に基づく開示債権(「破産更生債権等」「危険債権」「要管理債権」の合計額)が、銀行の総与信に占める割合です。不良債権比率とも言われています。

自己資本比率等

自己資本比率

保有するリスク資産等に対する自己資本の割合で、銀行経営の健全性を判断する指標です。自己資本は、資本金、剰余金等により構成される基本的項目(Tier1)と劣後債等により構成される補完的項目(Tier2)の合計から、一定の控除項目を差し引いたものです。国際的な活動を行う銀行は8%以上、海外に営業拠点を持たず、日本国内のみで活動を行う銀行は4%以上を維持することが求められています。
自己資本比率=自己資本/(リスクアセット:信用リスク+市場リスク+オペレーショナルリスク)×100

Tier1比率

銀行経営の健全性を判断する指標である自己資本比率の一つで、自己資本のうち、より質の高い資本である資本金や剰余金等により構成される基本的項目(Tier1)の保有するリスク資産等に対する比率を表します。

ROE(株主資本利益率)

Return on Equity の略で、銀行が資本をどれだけ効率的に使用して利益を上げているかを表す指標です。

閉じる