ビジネスを通じた環境・社会課題の解決

当行グループは、金融ビジネスを通じた環境・社会課題の解決を進め、お客さまをはじめとする全てのステークホルダーへの貢献、サステナブルな社会の実現、中長期的な企業価値の向上を目指してまいります。
具体的なビジネスの推進に当たっては、従来以上に環境・社会へのインパクトを意識するとともに、個人・法人・金融法人のお客さまが直面されている課題の解決に直結した金融ビジネスの開発、アップデートを進め、お客さまに提供できる付加価値の最大化を図ってまいります。

企業による環境・社会課題解決の取り組みをサポートするサステナブルファイナンスの推進

サステナブルファイナンスの推進

2050年に向けたカーボンニュートラルの実現、2030年までのSDGs(持続可能な開発目標)の達成など、環境・社会課題の解決のために資金が必要とされる事業、分野へ資金を供給することは、金融機関が果たすべき重要な役割となっています。当行グループは投融資を通じて、環境・社会課題の解決に向けたお客さま自身の取り組みを積極的に支援してまいります。
従来より再生可能エネルギー向けファイナンスをはじめとする「プロジェクト型」投融資、グリーンビルディング向けファイナンスなどの「使途特定型」のファイナンスに積極的に取り組んでまいりました。資金使途が限定されず、より広範かつ多様な課題の解決に資する、「サステナビリティ・リンク・ローン」の取組みにも着手し、準備を進めております。
また、大規模な額のサステナブルファイナンスの取り組みに当たってはシンジケートローンの組成を行い、サステナブルファイナンスへの取組みを志向される全国の金融機関のお客さまのニーズにもお応えしつつ、国内におけるサステナビリティ投融資資金の円滑な供給にも貢献してまいります。

サステナブルファイナンスの例

再生可能エネルギープロジェクトファイナンス

プロジェクト型
詳細はこちら

グリーンローン、ソーシャルローン、サステナビリティローン

資金使途特定

サステナビリティ・リンク・ローン

資金使途自由

トランジション・ファイナンス

ラベル型

推進に向けた取組み

営業推進体制の整備

営業部門内に専用窓口を設置。あわせてサステナビリティ推進部が案件全般をサポート。横断的な取組みを進めるための体制を整備

推進ファンドの設定

サステナブルファイナンスの推進ファンドを設定

組織知の向上

2021年3月に「サステナブルファイナンス研修」を開講。
基礎知識の習得や、最新事例の研究を実施。(グループ従業員の10%弱にあたる180名超が参加)

グループ機能を活用した事業承継、事業再生の支援、ベンチャー企業のサポート

事業承継の支援

当行グループでは、多様なソリューションの提供を通じて、全国各地の事業承継問題に取り組んでおります。
国内企業の99%を占める中小企業の多くが事業承継に関する問題を抱えており、後継者難・人材難を背景とした廃業は、今後ますます増えていくことが予想されます。また、地域経済の活性化のためには、その地域で幅広い事業活動が活発に行われることが重要であり、その担い手である中小企業の皆さまの事業がいかに維持・発展していくかは、地域経済の活性化や雇用の確保といった課題にも、密接に繋がっております。
当行グループでは、ABNアドバイザーズによるM&Aアドバイザリーコンサルティングの提供、AJキャピタルが運営する事業承継ファンド「サクセッション1号投資事業有限責任組合」を通じたエクイティの供給をはじめ、グループ全体の機能を活用し、お客さまの事業承継を支援するための体制を整えております。
また、リテール店舗にお寄せいただいた個人のお客さまからの事業承継・M&Aに関するご相談につきましても、「ファイナンシャル・アドバイザー・オフィス」を中心に、ファイナンシャルプランナーや税理士資格を有する行員やM&Aビジネス部門と連携したソリューションの提供を実施しております。
世代を超えた事業活動をサポートし、地域における企業活動の持続可能性を確保するため、グループ全体を挙げた事業承継支援の取り組みを推進してまいります。

事業承継の支援についての画像 事業承継の支援についての画像

事業再生支援を通じた地域社会への貢献

あおぞら債権回収(あおぞらサービサー)は、事業再生型サービサーのリーディングカンパニーとして、20年以上にわたり、地域の中堅・中小企業のお客さまの事業再生を支援してまいりました。
全国の金融機関からお預かりした中堅・中小企業や個人事業者の方を中心とした債務者の皆さまの中には、それぞれの地域経済を支え、活躍されている方が少なくありません。そうした重要な存在である債務者の皆さまの事業再生、事業承継、再チャレンジの支援、ひいては地方経済の発展に寄与していくことが、サービサーに与えられている役割の一つだと認識しております。
具体的には、経営不振に陥ったお客さまに対し過大債務の解決策や再建に向けた事業計画策定のお手伝い、各債権者間の意見調整などを実施しておりますが、正常な金融取引が困難なお取引先にも事業再生の機会を提供することで、地域社会の活性化や持続可能性の向上に努め、地域社会における「金融包摂」の実現を目指してまいります。

あおぞら債権回収の特徴

老舗のサービサー ~創業以来20年の経験と実績~
  • サービサー法が制定された1999年に設立され、以来、多くの地域のお客さまの課題解決を支援し、お取引先のみならず、譲渡金融機関からも、高い評価をいただいています。
  • 債権管理回収業に関する特別措置法
お客さま/地域金融機関目線のサービサー ~規律と収益性を両立~
  • あおぞら銀行をはじめとして、金融機関での勤務経験者が多いサービサーです。
  • 高いコンプライアンス意識と、債務者保護を尊重しながらサービシングを行います。
  • お客さまの事業再生または再チャレンジを支援するために、長期間にわたり債権を保有することが可能です。
地域のためのサービサー ~中立性、地域金融機関とのネットワーク~
  • あおぞら銀行67.6%以外に、信金中央金庫様20%、全国信用協同組合連合会様12.4%の出資を受けています。
  • 債権の譲り受け元は、あおぞら銀行ではなく、全国の地域銀行、信用金庫、信用組合等です。現在、全国の約90%の地域金融機関とのネットワークを有し、多くのご相談を受けています。

地域金融機関へのアドバイザリーサービスを通じた地域活性化

あおぞら地域総研では、地域金融機関の役職員の皆さまを対象に、金融機関がどのように地域企業をサポートし、競争力のある地域づくりに貢献すべきかを学び、演習を通じて実践する機会を提供しています。また、地域企業の経営戦略策定に際し、マーケティング戦略、人材戦略、産学官金連携戦略、地域間連携戦略を提案し、地域企業と地域産業のイノベーションを進めることを通じて、各地域の地方創生推進施策を支援しています。

地域活性化についての画像

ベンチャーデット・ファンドを通じたベンチャー企業の育成支援

あおぞら企業投資において、ベンチャー企業の資金調達に際し、 「ベンチャーキャピタル(エクイティ調達)から銀行(デット借入)への円滑な橋渡し」 を通じ、成長資金の提供を行うことで 「ベンチャーエコシステム」 を支援しています。あおぞら銀行グループは、日本におけるベンチャー企業のサポートを通じ、企業のイノベーションの促進に貢献してまいります。

ベンチャー企業向け HYBRIDファンドについての画像 ベンチャー企業向け HYBRIDファンドについての画像

ESG要素を組み込んだ金融商品による個人のお客さまの中長期的な資産形成の支援

リテール業務においては、人生100年時代の到来を見据えたお客さまの中長期的な資産形成支援のほか、財産承継、事業承継等の専門性の高い丁寧なコンサルティング、利便性・質ともに充実したサービスの提供を通じて、お客さまの「人生の充実」をサポートしてまいります。

サステナビリティ投資(ESG投資)を組み込んだ投資信託「十年十色」

あおぞら投信は、「お客さまの大切な資産を守り育てること」を経営理念に掲げています。当社が運用する商品の中でも、2020年より取り扱いを開始した「あおぞら・新グローバル・コア・ファンド(限定追加型)(愛称:十年十色)」は、お客さまの中長期的な資産形成を支援するという基本方針に則り設計された商品です。本商品は、米国のディメンショナル・ファンド・アドバイザーズが運用する、ESGに配慮した株式ファンドと債券ファンドを投資対象とし、「長期投資」「資産分散」という投資の原則を最大限に生かすとともに、企業の中長期的な株式価値に影響を与える「サステナビリティ」への考慮を組み込んでおります。
自然生態系と人類文明が恒常的に共存できる社会を将来世代に残していくという視点に重きを置いた投資戦略に基づき、銘柄選定において、業種・ポートフォリオレベルでの温室効果ガス排出量等に着目した「環境サステナビリティ」、「社会的サステナビリティ」に基づいたスクリーニングを行い、長期的な視点で企業への投資を行っております。
ご購入されたお客さまからは、「もともとESGに関心をもっていたため、十年十色に投資することで、社会や環境問題などの課題に対して、間接的に貢献できる」「ESGを『自分のこと』として付加価値の高い商品に資産配分をしたいと考えるようになった」「ESG評価が高い企業に投資していることが明確なので、ポートフォリオに組み込んでも良い」など、さまざまなコメントをいただいております。
当行グループでは「お客さまの中長期的な資産形成」という基本スタンスに則った商品・サービスの提供を行うと同時に、投資を通じた環境・社会への貢献を目指してまいります。

「十年十色」についての画像

BANK支店のプラットフォームを活用した社会課題解決の支援

BANK支店における取り組み

BANK支店では、ただお金を貯めるだけではなく、「お金も時間も賢く使って、幸せに過ごしたい」という価値観を大切にされるお客さまのために、スマートフォンアプリを軸としたユニークなサービスを提供しております。BANK the Storyでは、人生を豊かにする「気づき」のあるストーリーを紹介し、お客さまが掲載されたストーリーをご覧になり、興味が湧いた「体験」や「商品」を同じアプリ内のBANK the Savingsで目標設定し、お金を積み立てることができます。これまでBANK the Storyでは、廃棄される恐れのある商品を抱える飲食店と消費者を繋ぎ、フードロス削減を目指すフードシェアリングサービス「TABETE」や湧き水を循環利用する滋賀県高島市針江地区の取り組みなどを紹介してまいりました。今回、新たなテーマとして「SDGs」を設けるとともに、クラウドファンディング大手「READYFOR」社のSDGs関連を含むインタビュー記事をStoryに掲載し、同社のクラウドファンディングを紹介する特設ページを開設しております。
今後も、BANK支店のプラットフォームを活用した社会課題解決支援の取り組みを推進してまいります。

BANK支店における取り組みについての画像