目指す姿・ビジネスモデル目指す姿・ビジネスモデルに関する画像

ビジネスモデル

当社グループは従来よりビジネスモデル「6つの柱」に注力してきました。6つの柱それぞれの業務分野でのイノベーションを実行し、高い専門性、優れた機動力と柔軟性を武器に、豊富なアイディアから生み出される商品や相対での高品質なサービスを、個人のお客さまや、事業法人・金融法人のお取引先に提供することのできる“新たなパートナーバンク”に成長することを目指します。

リテール業務

個人のお客さまの多様なニーズに的確にお応えするため、フェイス・トゥ・フェイス(対面)のきめ細かい資産運用コンサルティング、幅広い金融ラインナップに加えて、新たにスタートしたBANK支店でのスマート&シンプルなサービスを提供しています。
「リアル」の有人店舗と「ネット」のBANK支店のチャネルの組み合わせにより、サービスを拡充しております。

リアル

有人店舗
有人店舗

資産運用に加え、遺言信託、事業承継等、お客さまが抱える課題に対して、コンサルティングを行っています。

ネット

BANK支店
BANK支店

2019年7月にリニューアルオープンし、現役世代向けにスマートフォンアプリを軸とするマネーサービス「BANK」を提供しています。

事業法人業務

事業法人のお客さま向けに、貸出、預金、デリバティブ商品の他、事業再構築、リスクヘッジニーズ等に応えるべく、さまざまな金融サービス・ソリューションを提供し、お客さまの発展と地域経済活性化に貢献しています。

事業法人業務

金融法人業務

銀行設立当初から築いてきた地域金融機関との取引関係が強みの一つです。現在では、全国の約8割の地域金融機関とお取引があります。地域金融機関のお客さまの経営課題を解決するために、これまで蓄積してきた金融ソリューションとサービスを総合的に提供するとともに、地域金融機関のお取引先を通じた地域経済活性化にも積極的に貢献しています。

金融法人業務

スペシャルティファイナンス業務

当行の創業期より積み重ねてきた経験や専門知識と業界ネットワークを活かし、国内外の不動産ファイナンスと事業再生ファイナンスに係る良質なサービスを提供しています。

スペシャルティファイナンス業務

国際業務

北米、欧州、アジア・太平洋地域で、主に企業向けファイナンスに取り組んでいます。また世界各地でのインフラ等の分野におけるプロジェクトフィアナンスや、運輸等の分野におけるストラクチャードファイナンスの提供を通じて、経済の発展に貢献しています。

国際業務

マーケット業務

お客さまのリスクヘッジニーズや運用ニーズにお応えするため、デリバティブ商品を含むさまざまな金融商品を開発し提供しています。また、金利リスクおよび流動性リスク等をコントロールしつつ、グローバル分散投資を通じた安定的な収益の確保を図っています。

マーケット業務

業務別の収益内訳

業務別の収益内訳 業務別の収益内訳

デジタライゼーションへの取り組み

GMOあおぞらネット銀行

2018年7月にインターネットバンキング事業を開始したグループ会社の「GMOあおぞらネット銀行」を通じ、デジタライゼーションに取り組んでいます。

GMOあおぞらネット銀行

デジタル化の推進

新たな成長のためのデジタライゼーションへの取組みを強化しております。

お客さまの利便性向上

ビジネスプロセスの見直し、新しい働き方

  • ICTを活用したビジネススタイルの変革
    インフラ整備(ビデオ会議システム、社内手続きの電子化等)によりお客さまとの非対面での営業が可能となり、在宅勤務も一層推進
    • Information and Communication Technology

「個人投資家の皆さまへ」
コンテンツ一覧

トップページ