リスク管理態勢

信用リスク管理

信用リスクとは、「取引相手先(国・地域を含む)の信用状態の悪化等により、資産(オフバランス資産を含む)の価値が減少ないし消失し、損失を被るリスク」と定義されます。

当行は、お取引先に対し効果的な金融ソリューションを提供するとともに、正確に信用リスクを認識し、計量化し、そしてプライシングを行うことにより、潜在的な問題債権に対して当行のバランスシートの健全性確保に努めています。

信用リスク管理態勢

当行は、「個別案件における厳正な審査・予兆管理を含む事後管理」と「与信リスクの集中排除を狙いとしたポートフォリオ管理」を両輪として信用リスク管理を行い、当行グループ全体としての資産の健全性を維持しています。

貸出を中心とする与信案件の決裁権限は、関係執行役員等で構成されるクレジットコミッティーに帰属しています。クレジットコミッティーは、決裁権限の一部をチーフクレジットリスクオフィサーに委譲するとともに、チーフクレジットリスクオフィサーに決裁権限の再委譲の権限を付与しています。チーフクレジットリスクオフィサーは、審査部門および営業部門に対し決裁権限を一定の範囲内で再委譲しています。株式、ファンドを中心とするエクイティに対する投資案件の決裁権限については、関係執行役員等で構成される投資委員会に帰属しています。

また、当行グループ全体の与信ポートフォリオをモニタリングし、その状況を定期的に取締役会、マネジメントコミッティーに報告しています。

信用格付体系

信用格付は、お取引先等の決算の更新に合わせて定期的に見直しを行うほか、お取引先等の信用力の変化に伴い随時、格付の見直しを行うこととしています。

信用格付の付与に際しては、営業部店が一次格付を付与し、審査部門が承認する体制としています。さらに、資産査定部が抽出により検証を行い、必要に応じ修正を行う権限を有しています。

なお、ベンチマーキング(外部格付機関または外部モデルの格付結果との比較検証)、バック・テスティング(デフォルト実績に基づく格付制度の有意性の検証)を通じて信用格付体系の検証を行っています。

<債務者格付>

当行では、与信取引を行っているすべてのお取引先に対して、債務者格付(デフォルトの可能性に応じた格付)を付与しています。債務者格付は、個々に定量・定性面の分析を行うことにより決定します。

<案件格付>

与信のリスク・リターン判断および信用リスクの計量化のために、与信案件ごとの担保、保証による回収可能性も考慮した案件格付制度を導入しています。担保については、債務者の信用力の変化が担保価値に与える影響等にも留意し、デフォルトが発生した場合のリスク削減効果として認識しています。また、保証人についても信用格付を付与し、その保証によるリスク削減効果を認識しています。

<期待損失格付>

不動産ノンリコースローン、金銭債権の証券化案件、さらに優先劣後構造にトランチングされた仕組債などの案件については、案件ごとに損失が発生する程度をランク付けすることにより格付を付与しています。

<信用格付の利用>

当行では、信用格付を与信審査にかかわる決裁体系や金利スプレッドなどを決定する重要な構成要素として用いるほか、自己査定の運営や信用リスクを定量的に把握する際の指標としています。

信用リスクの計測

お取引先またはお取引先の企業集団に対する信用リスクに係るエクスポージャーの把握を信用リスク管理の原点として、貸出、有価証券、株式・ファンド、証券化取引、オフバランス取引(与信確約、派生商品取引など)など取引の種類にかかわりなく、信用リスクのある資産すべてに対し一元的に把握、管理しています。なお、派生商品取引にかかわるカウンターパーティー・リスクについてはカレント・エクスポージャー方式を用いており、お取引先に対してクレジット・ライン(与信限度額)による管理を行っています。

また、ポートフォリオ管理においては、非期待損失(UL)を毎月計測・分析のうえ、配賦された資本との比較を定期的に、取締役会、マネジメントコミッティーに報告しています。なお、当行の内部モデルは、保有期間1年、信頼区間を99.9%とし、デフォルト率(PD)、デフォルト時の回収不能率(LGD)、業種内相関、業種間相関、債務者グループの親子相関をパラメーターとして非期待損失(UL)を計測しています。

与信ポートフォリオの管理

当行では、信用格付等に基づき、適切なリスク・リターンを重視した与信ポートフォリオ運営に努めています。

与信集中リスクについては、国・地域別やお取引先の格付別にエクスポージャーのガイドラインを設定してコントロールしています。例えば、信用格付別の与信上限を設定したり、不動産リスクポートフォリオに対して、追加的にリミットを設定することによって与信集中リスクをコントロールしています。また、与信ポートフォリオの状況や、特に残高が大きいセクターの状況について、定期的に経営陣に報告しています。

  • ESG情報インデックス
  • ニュースリリースメール配信サービス
  • よくあるご質問
  • 金融円滑化管理体制