働く場としてあおぞら銀行を選んだ理由を教えてください。

就職活動をスタートした際に、大学内の企業説明会であおぞら銀行の存在を知りました。私は金融機関を中心に就職活動を行っていたのですが、その中でもあおぞら銀行は他の銀行と違い、ミドル・バックの職種(FE職)があり、サポート業務を中心に仕事ができることに大きな魅力を感じました。
選考がスタートしてから、人事の方だけではなく現場行員の方と面接をする機会がありました。現場行員の方とは本当にフランクにお話ができ、疑問に思っていたことを聞かせていただいたので、気がつくとあっという間に時間が過ぎていたという印象があります。その面接で感じたあおぞら銀行の雰囲気は私に合っていると感じましたし、「私のことを知ろうとしてくれている。」「こういう人達と一緒に働きたい!」と率直に思えたことであおぞら銀行の志望度がぐっと高まったことを覚えています。
「ワークライフバランスの整った環境で専門性も身につけながら仕事ができる環境を」と考えていた私の希望に合った点と面接時の印象が、あおぞら銀行への入行を決意した決め手となりましたが、実際に働いてみて、本当にワークライフバランスの充実した日々を送れています。

現在の業務内容、具体的な仕事内容を教えてください。

入行後約1カ月の新入行員研修を経て、マーケット部門である市場商品部に配属されました。市場商品部は、為替や金利、クレジットデリバティブ等のトレーディング業務などを行っている部署です。その中で私は、ディーラーが約定した取引を専門システムに入力する作業を行っています。約定内容はSWAP取引や先物取引、オプション取引等多岐にわたり、ただ取引内容をシステムに入力するだけではなく、商品や相場の知識が必要とされます。最初はわからないことだらけでしたが、業務を教わる中で少しずつできる範囲が広がっていきました。多数の取引を処理しなければならない為、迅速かつ正確な対応が求められますが、刺激のある毎日を送れてやりがいを感じています。

あなたの考える、ほかとは違う「あおぞら銀行らしさ」は何ですか?

一人ひとりの裁量が大きいことだと感じています。私は、市場商品部の全てのグループの事務に携わっています。幅広く色々なことが経験できるので、非常にやりがいを感じています。直接お客さまと関わる機会は少ないですが、だからこそ目の前の業務や手続きの意味、背景を理解した上で、部内の行員や営業部門の行員をサポートし、間接的にでもあおぞら銀行としてお客さまへのサービス向上に貢献したいと考えています。
また、相場の勉強や、基本的なところではエクセルの使い方なども指導していただくこともあり、若手が成長しやすい環境が整っているのもあおぞららしさだと思います。
業務以外の面では、同期間の仲の良さもあおぞら銀行らしさだと思います。私の場合は、本店12階の社員食堂で同期とランチをすることが楽しみです。リラックスできて、気分転換をした後、午後の業務に向かっています。何でも気兼ねなく話し合える同期の関係はこれからも大切にしていきたいです。

今後、あおぞら銀行でどのようなキャリアを積んでいきたいですか?

現在の部署で経験を積み、専門性を高めていきたいと考えています。私の携わるマーケット部門のミドル業務は、知れば知るほど奥深い業務分野だと感じました。今はまだまだ表面的な知識であり、目の前の業務に精一杯で未熟さを痛感することも多くあります。今後はもっと商品やマーケットの知識と事務スキルを向上させることで、事務のスペシャリストとして周りをサポートしていける立場になり、「長山さんに聞けばわかるよ」と部内の人から頼られる存在をめざしていきたいです。

ある1日のスケジュール

8:40 出社 メールチェック
9:00 オペレーション 約定のアフター入力
10:00 オペレーション 各プロダクツの約定入力
11:30 昼食
12:30 勉強 商品や相場についての勉強
13:00 オペレーション 各プロダクツの約定入力
15:00 モニタリング 取引が正常に行われたか確認
16:00 締め作業
17:15 退社