働く場としてあおぞら銀行を選んだ理由を教えてください。

そもそものきっかけは大学3年生の時、就職情報サイトで偶然目に留まり興味を惹かれた、当行の1dayインターンシップに参加したことでした。そのインターンシップでは、リテール営業の資産運用コンサルティング業務を体感するプログラムがあったのですが、お客さまのお話をじっくり聞き、課題やニーズを一緒に解決するという姿勢に大きな魅力を感じました。その後、具体的に就職活動を進めていき、説明会などで行員の方々のお話をより詳しく聞く中で、あおぞら銀行なら「お客さまお一人お一人と長くお付き合いができる」と感じられたことが志望の決め手となりました。

現在の業務内容、具体的な仕事内容を教えてください。

京都支店の窓口で、資産運用の相談業務を行っています。遠方のお客さまやお時間のご都合などでご来店が難しいお客さまに対しては、職場や自宅へも訪問しています。
具体的な業務としては、定期預金の満期金のご相談や保有されている金融商品のフォロー、さらにはお客さまのニーズを把握した上で投資信託、生命保険、仕組債等の金融商品をご提案しています。
お客さまの中には、投資経験がないために漠然とした不安を持たれている方、また過去に金融商品で損をしてしまい、新たな一歩を踏み出せない方などもいらっしゃいます。そのため、無理にご提案するのではなく、少しずつ資産運用への抵抗を解消していただけるような接客を心がけています。最初から商品提案を行うのではなく、お客さまのお話を伺った上で、最適な商品を選んでいただきたいという気持ちで業務を行っています。
このような資産運用相談以外にも、日中は新規口座の開設、通帳・印鑑の紛失手続きや相続の手続きなどでご来店される方も多く、迅速で分かりやすく、安心していただける対応を心がけています。

あなたの考える、ほかとは違う「あおぞら銀行らしさ」は何ですか?

職場の風通しが良いことです。京都支店の先輩や上司の方はもちろんですが、他の支店や部署の方々とお話するときにも実感します。そうした雰囲気は就職活動の際にも感じていて、私があおぞら銀行に惹かれた理由の1つでもあったのですが、入行してからはより一層感じることができました。少人数の銀行だからこそ、本部と現場との距離が近く、些細なことでも気軽に聞けることで、日々の業務の中で仕事の進めやすさを実感します。また、新入行員時代に支店以外の方から「後藤さん、すごく頑張っているね」と褒めていただいたことがあったのですが、私のことを気にかけてもらえていたことが非常にうれしく、とても記憶に残っています。

今後、あおぞら銀行でどのようなキャリアを積んでいきたいですか?

お客さまの資産運用に関するお悩みや疑問に思う点などをよりわかりやすくお伝えしていき、あおぞら銀行の行員として少しでもレベルアップをしていきたいです。お客さまの抱えていらっしゃるいろいろな課題やニーズに応えていくことはもちろん大切ですが、それと同じくらい、まずはそうした課題やお悩みを私と共有してもらう関係になっていただくことがとても大切だと感じています。
私はお客さまとお話をすることがとても好きですし、自分自身の成長ややりがいも感じられるため、今後もFC職としてこの京都で働き続けたいと考えています。お客さまに「ずっと京都支店にいてね。また会いに来るからね」と有り難いお言葉をいただくこともあるのですが、お客さまのご期待を裏切らないようステップアップしていきたいと思います。

ある1日のスケジュール

8:15 出社 メールチェックやご予約のお客さまの資料等準備
マーケット情報の確認
8:35 朝礼 支店全員で連絡事項やマーケット情報の共有
10:00 ご来店 資産運用相談や商品提案
12:30 昼食 窓口は交代で食事に行く
14:00 ご来店 本日2組目のご来店
資産運用相談や商品提案
15:00 お電話 お客様の保有商品の状況報告や定期預金の満期のご案内
16:00 デスクワーク その日にご契約いただいた内容の日報入力
ご来店いただいたお客さまへお礼のお電話
17:00 終礼 好事例や連絡事項の共有
17:15 デスクワーク 日中にご連絡がつかない方へのお電話や翌日の準備を行う
18:30 退社