働く場としてあおぞら銀行を選んだ理由を教えてください。

たまたま、あおぞら銀行に勤務している知人がいたため、就職活動を行う前から当行のことは知っていました。
数ある銀行の中からあおぞら銀行に入行する決め手となったのは、「少数精鋭」です。若手行員にも大きな仕事を任せてもらえるなど、一人ひとりの仕事の裁量が大きいということを聞き、自分らしく働きたいと考えていた私にとって、大変魅力に感じました。

現在の業務内容、具体的な仕事内容を教えてください。

横浜支店の窓口で、個人のお客さま向けの資産運用相談業務を行っています。例えば、定期預金の満期を迎えたお客さまにご来店いただき、定期預金はもちろん、お客さまのニーズにあわせて投資信託や仕組債、保険商品などでの運用のご提案をしています。
お客さまによってご意向やお悩み、潜在ニーズはさまざまです。まずはじっくりとお客さまの話をうかがい、その情報をもとに、お客さまそれぞれにとって最適なご提案ができるよう心がけています。

あなたの考える、ほかとは違う「あおぞら銀行らしさ」は何ですか?

『行員どうしお互いの顔が見える』というのが、あおぞら銀行らしさであると感じます。
私たちにとって一番大切なのはお客さまに信頼されることですが、スムーズに仕事を進めるためには、一緒に働く仲間から信頼されることも大切だと考えます。その点で、行員数が少ないからこそ、同じ支店の行員はもちろん、本部の行員やその他異なる部の行員であってもお互いの顔が見える当行の組織は、仕事を円滑に進めるにあたってとても良い環境であり、当行の大きな特長だと思います。

今後、あおぞら銀行でどのようなキャリアを積んでいきたいですか?

今後も資産運用相談業務に携わっていきたいと思います。
短期的な目標は、お客さまからさらに信頼される担当者になることです。当行にお預け入れいただいているご資産だけでなく、お客さまの全資産についてご相談いただけるような担当者になりたいです。そのために、マーケットや税務などの専門知識をさらに身に付けるとともに、お客さまとのリレーションをさらに構築していきたいです。
また将来的には、横浜支店での経験を活かし、営業推進など営業をサポートするような本部業務にも携わってみたいと考えています。

ある1日のスケジュール

8:15 出社 新聞や端末で、前日およびリアルタイムのマーケット情報を確認
メール等をチェックした後、1日のスケジュールを確認し開店準備
8:40 朝礼 支店メンバー全員でマーケット情報や営業実績などを共有
9:00 開店 ご予約のお客さまが来店。兼ねてより提案を行っていた、金融商品について再度ご提案
11:00 ご来店 ご予約されたお客さまがご来店。現在、保有されている投資信託についてのアフターフォローや、相場状況のご案内。1時間半ほどじっくりお話をした
12:45 昼食
13:30 ご来店 ご来店のあったお客さまが保有されている投資信託の状況についてご説明
15:00 お電話 お客さまが保有されている仕組債のアフターフォローや、相場状況のご案内
15:30 お電話 お客さまに翌月のキャンペーンのご案内
17:00 閉店 お客さまとの面談記録の作成や、成約したお取引の書類整理などの事務作業
17:10 終礼 活動内容を報告。その日にあった好事例も発表し、課内で情報を共有
17:15 デスクワーク お客さまのリストを整理し、翌日の計画を検討
18:30 退社