働く場としてあおぞら銀行を選んだ理由を教えてください。

色々な業種やお客さまと接し、さまざまな業務に携わることのできる金融を志望しました。あおぞら銀行については都銀・外銀を中心に就職先を探していた中で知りました。
人・勤務地・勤務スタイル・仕事内容など、理由を挙げればいくつもありますが、面接を通じ、あおぞら銀行は特定のスタイルを求めることなく個性を尊重してくれそうと感じたことです。総合的に「一番肌に合いそう」という直感で決めました。また、私の性格をよく知る友人からも「奥村に合っていそう」と言われたことが、後押ししてくれたと思います。

現在の業務内容、具体的な仕事内容を教えてください。

私が所属している再生金融部は、経営環境が厳しく、経営改善が必要な企業や事業継続が困難な企業などに対し、金融面からの再生サポートを行う専門部署です。
例えば、他の銀行(債権者)からの借入金で経営が逼迫している企業の場合は、借入金を圧縮する仕組みを検討し、その銀行の債権を再評価した上で、当行グループの再生ファンドなどで譲り受けます。
再生の手法としては、DIPファイナンスや再生ファンドによる再生支援、債権の一部放棄、金利や返済期間の調整など、さまざまな選択肢があります。また、オーナー企業の場合は後継者問題にもケアすることもあります。もちろん企業再生にあたってはさまざまなリスクも考える必要があり、弁護士や会計士など他の専門家と意見を交えることも多くあります。このような多種多様なケースに対応して最適なシナリオを考え出し実行していくことが私たちの役割です。

あなたの考える、ほかとは違う「あおぞら銀行らしさ」は何ですか?

就職活動中に感じた通り、人の面では決まったカラーがないように思います。例えば体育会系とか文化系とか、決まったステレオタイプのキャラクターがなく、色々な個性の人がいます。これはセミナーなどで当行の人々に出会えば実感してもらえることでしょう。
仕事の面では若手にも意見を聞くカルチャーだと思います。実際私も新人の頃から先輩や上司に「どう思う?」「どうしたい?」と聞かれてきました。自分の意見を出すことで、当事者意識が高まり、責任感が湧き、それがやりがいにもつながるので、前向きに仕事をしたい人にとって良いカルチャーだと思います。

今後、あおぞら銀行でどのようなキャリアを積んでいきたいですか?

短期的には、今の業務経験を積み上げたいと思います。毎月多数の案件を検討しますが、同じようなものはほとんどありません。100億円以上のビッグディールや他行ではできない海外の再生ファンド投資なども経験しました。これからもさまざまなケースを担当し、数多くの経験を重ねて成長していきたいと思います。
中長期的には、案件担当者、マネージャー、いずれの立場でも専門的で新しいことにチャレンジしていくクリエイティブな仕事ができる行員でありたいと思っています。

ある1日のスケジュール

8:30 出社メールチェック
9:00 再生ファンド対応出資申請・
事務、出資先調査・管理等
10:00 他部からの再生案件相談 他部の取引先企業の課題解決に対する打ち合わせ
11:00 再生スキーム検討 上記課題解決にかかる仕組みの検討
12:00 昼食
13:00 不動産ロールアップ 担保不動産のバリュエーション・実査
15:00 債権プライシング 回収シナリオ検討、キャッシュフロー想定、コスト計算等
18:00 退社