働く場としてあおぞら銀行を選んだ理由を教えてください。

大学院で経営工学を専攻していたこともあって、金融とITを軸に就職活動をしていました。よって、IT部門の募集を行っていたあおぞら銀行は、自然と就職先の候補になっていました。
入行を決めた理由は、人を大切にする温かみのある銀行だと感じたからです。採用面接の段階になると、それまでの広報活動時とは変わって学生に対してドライに接する企業が見受けられたのですが、あおぞら銀行では、面接が進んでも、人事の方々がずっと見守ってくれていた印象があります。もちろん面接では緊張はしましたが、等身大の私をアピールすることができ、面接がとても楽しかったことを覚えています。最終面接でさえ、「お話しできてとても楽しかったです」と面接官に伝えることができたほどです。
当行に入行して以降、多くの行員と関わり協力して仕事をしていますが、今でも採用面接のときに感じたことは間違いではなかったと思っています。

現在の業務内容、具体的な仕事内容を教えてください。

私は現在、アプリケーションマネジメント部のマーケット第一グループに所属しています。このグループは、当行のマーケット部門が利用するアプリケーションの導入や保守をしており、私は主に、情報系といわれるシステムの管理を担当しています。日経平均やTOPIXといった時々刻々と動くさまざまなマーケットの指標を参照するのに、当行ではこの情報系システムを利用していますが、マーケット部門の行員が仕事をする上では欠かせないシステムです。私の仕事は言わば、マーケットユーザが情報収集するためのお手伝いと言えます。
情報系システムは、日々システム更新などありますので、ユーザーであるマーケット部門の行員の利用方法を確認しながら、ベンダーとともに当行用システムへのカスタマイズに取り組む必要があります。カスタマイズ終了後は、不具合が発生しないよう保守点検も行っています。

あなたの考える、ほかとは違う「あおぞら銀行らしさ」は何ですか?

「人の温かさ」と「少数精鋭」をしばしば感じます。
1つのシステムを導入するにも、さまざまな知識や作業が必要です。
システムに関する知識はもちろんのこと、このシステムを利用して行われる銀行業務の内容も把握していないと、ユーザーのニーズに合致したシステムを導入することはできません。
また、新システム導入にあたっての契約締結交渉も必要ですし、新システム稼動までのスケジューリングや進捗状況管理も行う必要があります。海外のベンダーとも交渉することもあります。
これらをすべて自分一人で背負い込むのではなく多くの行員の協力も得ながら仕事を進めていますが、このときに、行員数は少ないながらチームワークと高い専門性を持って、最大限の付加価値を生み出そうとする、「人の温かさ」と「少数精鋭」を実感します。

今後、あおぞら銀行でどのようなキャリアを積んでいきたいですか?

入行以来、マーケット部門の情報系システムに関わる業務に従事して、幅広い知識や経験を習得できたと感じる一方で、まだまだ知識・経験不足を感じます。システムに関する知識だけでなく、銀行業務に対する知識やデリバティブを含む金融商品の知識など、学ぶべきこと・学びたいことはまだまだたくさんあります。
今後は、情報系システム以外のマーケット系システムを深掘りすることで、より専門性の高い知識・経験を習得してみたい、そして、金融×ITの分野に、より深く携わっていきたいと考えています。

ある1日のスケジュール

8:40 出社 メールチェック
9:00 資料作成 現在検討中のAシステムの次期構成、移行計画に関する説明資料を作成
10:00 グループ内ミーティング 現在進行中のプロジェクトについての進捗確認
11:30 昼食
13:00 来店 B社とシステムバージョンアップに関する打ち合わせ
14:00 問合せ対応 Cシステムの取扱いについて行員からの問合せに対応
16:00 契約確認 D社と締結予定の契約書の最終確認
17:00 デスクワーク 本日の進捗状況と翌日の予定を上司へ報告
報告資料の作成やメール返信対応
18:00 退社