働く場としてあおぞら銀行を選んだ理由を教えてください。

あおぞら銀行の支店がない地方の出身だったこともあり、当行のことは就職活動を始めるまで知りませんでした。就職活動中に「行員数が少ない分、一人ひとりの役割が重要になる」と聞き、若手のうちにさまざまな経験を積みたいと思っていた私は魅力を感じ、最終的に入行を決めました。また、同じ会社の中で、他の部門の社員の顔や名前も知らず、どのような業務をしているのか分からないような職場より、社員同士の距離感が近い職場で働きたいと考えたことも、あおぞら銀行を選んだ理由の1つです。
入行後、仙台支店に配属され、個人営業と金融法人営業に携わりました。仙台支店では一から銀行業務の基礎を経験できたことと、営業だけでなく支店運営の一部を任せてもらい、多少なりとも成長を実感できたことがよかったです。

現在の業務内容、具体的な仕事内容を教えてください。

5年間仙台支店で業務経験した後に、本店の首都圏営業第二部に異動しました。現在は首都圏の中堅・中小企業のお客さまに対し、シンプルな融資だけではなく、為替などの変動リスクへのヘッジ手段であるデリバティブ商品のご提案など、さまざまなアプローチでお取引をさせていただいています。
慣れないこともあり、勉強することばかりですが、上司や先輩方にアドバイスをいただきながら日々業務に取り組んでいます。

あなたの考える、ほかとは違う「あおぞら銀行らしさ」は何ですか?

やはり「行員同士の距離感が近い」ことだと思います。
お客さまから受けたご相談を、行内のさまざまな部署に相談することがよくあります。その際、上司や先輩から、どの部署の誰に相談すべきかというアドバイスを受けることがあります。最近では、私も行内の知り合いが増えてきて、上司や先輩からアドバイスをもらう前に相談ができることも増えてきました。
仙台支店にいた際は、業務のためさまざまな行員が来店し、その際に勉強会や懇親会などが催されることがありました。こうした機会も行内に知り合いが増えるきっかけになっていました。行員どうしの交流が活発であることは、支店数が少ない当行ならではのメリット、特長だと感じています。

今後、あおぞら銀行でどのようなキャリアを積んでいきたいですか?

自分自身がより成長してから、もう一度金融法人営業に携わりたいと考えています。この業務を知れば知るほど、仕事の奥深さを感じましたし、お客さまは金融のプロで、私よりはるかに経験も知識も豊富な方ばかりでした。特に配属当初は自分の知識レベルが追いつかず未熟さを痛感する日々でしたが、現在の融資業務で身に着けた企業分析力などの知見を、金融法人営業で生かしてみたいと考えています。
当行では活躍する女性の上席や先輩社員もたくさんいるので、私も自分らしいキャリアを築いていきたいなと思います。

ある1日のスケジュール

9:20 出社
(フレックスタイム制度を利用)
前日にお客さまからいただいた資料の確認
10:30 準備 新規アプローチ先への提案準備
11:30 昼食
12:30 取引先についての勉強
14:00 取引先訪問 融資関連の書類受領と近況ヒアリング
16:30 行内ミーティング
17:00 融資申請のための書類作成
18:30 退社