働く場としてあおぞら銀行を選んだ理由を教えてください。

あおぞら銀行のことは、就職活動を通じて知りました。
当行を志望したのは、幅広い業務を経験でき、自分のレベルアップをはかれる銀行だと思ったからです。行員数こそ少数ですが、他の銀行と同様に広範な事業を展開しています。だからこそ、自らの希望によってさまざまな業務を経験でき、自己成長できる環境であると考え、あおぞら銀行を選びました。

現在の業務内容、具体的な仕事内容を教えてください。

私が所属する市場営業部はマーケット部門に属し、そのなかでデリバティブ業務を行っている部です。私は、事業法人のお客さまに対し、金利や為替などの変動リスクをヘッジするためのデリバティブ商品のセールスを行っています。
金利などの変動リスクの内容はお客さまごとに異なります。従って、まずはその内容をしっかりと把握する必要があり、その上でお客さまに適したデリバティブ商品を組成し、ご提案しています。マーケットに精通しているだけではなく、コンサルティング力も求められる仕事と言えます。
お客さま自身が気付かれていないようなニーズやリスクに気付き、それに対して提案を行いお客さまに喜ばれたときには、大きなやりがいを感じます。

あなたの考える、ほかとは違う「あおぞら銀行らしさ」は何ですか?

お客さまがあおぞら銀行に期待することは、あおぞら銀行には市場営業部のほかにもたくさんの「部」が存在しますが、「部」の垣根を越えて連携がうまく取れている点に「あおぞら銀行らしさ」を感じます。
業務をしていると、自分だけでは解決できない課題にぶつかることがしばしばあります。そうしたとき、所属する部の先輩や上司だけでなく、他の部に所属する行員からもアドバイスをもらいます。そのとき、「この問題なら、この部に聞く」のではなく、「この問題なら、この部の、この人に聞く」というところまでわかります。これが少人数ならではの良さであり、あおぞら銀行らしさだと思います。

今後、あおぞら銀行でどのようなキャリアを積んでいきたいですか?

しばらくは現在の市場営業部で経験を積んでいきたいと思いますが、将来的には全く違う業務にもチャレンジしたいと考えています。
入行以来、個人営業、事業法人営業そしてマーケット業務と3つの部門に携わることができました。異なる業務経験を積んだからこそ、過去の業務経験を現在の業務に活かせることがあり、自己成長とともにやりがいを感じています。例えば、事業法人営業を経験したからこそ、お客さまの信用力や資金調達面に関することも検討しつつ、デリバティブ商品のご提案も行うことができます。
そうしたことから、今後さらに新しい業務に携わることで、仕事の幅がもっと広がるとともに、自分らしい仕事のやり方もできるのではないかかと思うのです。

ある1日のスケジュール

7:30 出社 メールチェックの後、海外マーケット動向をチェック
8:00 チームミーティング 今月の活動内容や案件の進捗状況を報告
8:15 マーケット部門の全体ミーティング 現在のマーケット状況、見通し、注目点などについて、部門全体で情報共有
9:00 デスクワーク お客さまに電話やメールでマーケット情報を提供提案資料準備
10:00 訪問(新規先A社) 事業法人営業担当者とともにA社を訪問し、社長および財務担当者に近況や経営課題をヒアリング
11:30 昼食
13:30 訪問(B社) 前回訪問時にヒアリングした経営課題を踏まえて、デリバティブ商品を提案財務担当者より具体的な検討依頼を受ける
15:00 帰社 本日の訪問結果を上司に報告
マーケットが大きく動いたことから、担当するお客さまへの情報提供を行う
16:30 ミーティング 事業法人営業担当者とC社への提案内容について共有し、今後の方針を検討
18:30 退社