働く場としてあおぞら銀行を選んだ理由を教えてください。

学生時代に担当教授の薦めもありファイナンシャルプランナー(FP)の資格を取得しました。資格取得のための勉強を興味深く取り組めたことから、FPの知識を活かせる仕事に就きたいと考え、銀行を第一志望にして就職活動を行っていました。
あおぞら銀行を選んだ理由は、個人のお客さまがシニア層中心であり、資産運用や相続などFPの知識を幅広く生かせると思えたことが大きかったです。加えて、行員数が少なく、若いうちから責任のある仕事を任されると聞き、より一層のやりがいを感じられると思いました。

現在の業務内容、具体的な仕事内容を教えてください。

入行して最初に配属されたのは名古屋支店で、個人のお客さまに対し資産運用相談業務を行いました。
その後、異動を複数回経験し、現在は本店の営業第四部に所属しています。営業第四部はお客さまである大企業に向けた貸出業務が中心です。貸出業務以外にも、お客さまのニーズに合わせて、デリバティブを活用した金利・為替などのリスクヘッジ、資産の流動化による資金調達、国内外のM&A、ビジネスマッチングなどの提案も行っています。また、既にお取引があるお客さまとの関係を深めるだけでなく、新たなお取引先を開拓し、ビジネスチャンスを探すことも行っています。
お客さまのニーズは常に変化します。したがって、普段からアンテナを張りつつお客さまとの面談などから新たなニーズを察知し、提案につなげます。課題解決のためのアイデアを上司や行内のさまざまな部の専門家とともに考え、お客さまに提案し、そして成約することが私のミッションです。
検討から提案、そして成約に至るまで、1つの案件を仕上げるには時間がかかります。また、案件には多くの当事者が関わっているのが通常であり、自分のペースで仕事を完結することができない難しさを感じる半面、ご提案がお客さまに喜ばれたときには、大きなやりがいを感じます。

あなたの考える、ほかとは違う「あおぞら銀行らしさ」は何ですか?

お客さまがあおぞら銀行に期待することは、当行が持つノウハウや知見を活かした、他行とは一味違う提案だと思います。これを実現できるのは、一声かければ行内から必要な頭脳をすぐ結集でき、持っているノウハウを最大限に活用できるからだと思います。
また、他の銀行からの提案についてどう思うか、この提案以外に別の手段はないか、とお客さまから意見を求められることもあります。当行のノウハウや知見をお客さまからご評価いただき、かつお客さまと真の信頼関係が築けた中で、このようなオピニオンを求められる存在感。これも当行の大きな特長と言えるでしょう。

今後、あおぞら銀行でどのようなキャリアを積んでいきたいですか?

これまで個人営業と事業法人営業を経験し、それぞれの部署で仕事のおもしろさや醍醐味を知りました。とくに、入行当初に個人営業で銀行業務の基本を学ぶことができたことは、その後の事業法人営業でも大いに役に立ったと感じています。
今後は、あおぞら銀行が強みを持つ分野の1つであるスペシャルティファイナンス業務、例えば不動産ファイナンス業務や事業再生ビジネスに携わることで、より一層の専門性を身に付けたいと考えています。
さらにその先は、スペシャルティファイナンス業務に長く携わるも良し、もう一度事業法人営業に戻り、スペシャルティファイナンス業務の経験を活かして違った視点から仕事をするのも良しと、キャリアの選択肢が広がることを期待しています。

ある1日のスケジュール

8:30 出社 メールチェックの後、マーケット動向および担当する業界専門誌をチェック
9:00 部内ミーティング 今週の活動内容や案件の進捗状況を報告
10:00 訪問(A社) 兼ねてよりご提案を行っていたA社の子会社向け融資について、財務責任者より具体的な検討依頼を受ける
11:30 昼食
13:00 訪問(B社) 当行のシンジケーション部担当者とともに訪問し、提案中のシンジケート
ローン組成に向けて打ち合わせ
16:00 帰社 本日の訪問結果を上司に報告
16:15 デスクワーク C社に対する融資案件について、申請書(行内決裁文書)を作成
18:30 退社