常に社会の変化を先取りして、新たな価値をいち早くカタチにすること。それがあおぞら銀行の事業生成スタイルであり、現在のビジネスモデル「6つの柱」に続く新たな柱の創造が進んでいます。そのきざしといえる4つの取組を紹介します。

インターネットバンキング利用者の増加や、キャッシュレス決済の普及など、銀行を取り巻く環境は大きく変化しつつあります。この変化に対し、次世代型インターネット銀行事業を計画していたあおぞら銀行と、インターネット技術、電子商取引(EC)市場向けサービス、インターネット証券に関するノウハウを有するGMOインターネットグループのビジョンが合致。2018年7月17日、共同で、「すべてはお客さまのために。No.1テクノロジーバンクをめざして」を経営理念とするGMOあおぞらネット銀行株式会社を設立しました。
当初は、預金や為替といった銀行の基本的な機能をベースにした、ECサイトの決済や銀証連携による外貨預金といったGMOインターネットグループの強みを活かしたサービスから始めながら、高度セキュリティ認証、ブロックチェーン、人工知能(AI)、IoT、次世代メディアなど積極的なテクノロジー活用による価値ある商品ラインナップの充実を進め、将来は気づけば誰もが利用している銀行をめざしています。

安心 取引ごとに発行されるワンタイムパスワード、生体認証機能、ハイセキュリティカードなど、万全のセキュリティで安心してご利用いただけます。
速さ 開発スピードの向上による素早いサービス提供に加え、処理速度の向上に努めストレスのないインターネットバンキング環境をご提供します。
安さ 業界最高サービス水準のATM出金無料回数、他行あて振込の無料回数でご利用いただけます。他にも各種キャンペーンによりお得にご利用いただけます。
便利さ 24時間365日パソコン・スマートフォンでお取引可能です。ATMはお近くのセブン-イレブンなどで24時間ご利用可能、キャッシュカードと一体型のデビットカードでキャッシュレスを実現します。
新体験 資金を目的に応じて分けて管理できる「つかいわけ口座」、入金消込のスピード・精度アップを可能にする「振込入金口座」、オープンAPIによる決済・金融サービスなど、新たな体験をお届けします。

お客さま目線にこだわり、プラットフォーム銀行として気づけば誰もが利用している銀行をめざします。

【GMOあおぞらネット銀行 事業開始当日の記者発表会の様子】

あおぞら銀行は、2018年8月31日、信託ビジネスグループを新たに設置しました。従来はグループ関連会社であるあおぞら信託銀行で信託業務を行ってきましたが、信託業務の兼営を開始することによって、取引先の事業法人や金融法人の資産流動化、資金調達、資金運用などのニーズにより柔軟によりスピーディに対応できるようになりました。また個人のお客さまに対しても、これまで以上に信託機能の活用が可能になり、お客さまそれぞれのライフステージにふさわしい運用商品の提供ができるようになりました。

あおぞら銀行は未公開株式へ投資するプライベート・エクイティ(PE) 投資業務を成長分野と位置づけており、ファンドを用いて戦略的に推進することを目的に、あおぞら企業投資株式会社を2018年4月24日に設立しました。すでに国内の酒類飲食業界の健全な発展への貢献および活性化を目的とした業界特化型ファンド「SKY-AZ酒類飲食活性化1号投資事業有限責任組合」を設立するなど実績を上げています。

地域経済を支える中堅・中小企業は、後継者難、人材難などの問題を抱え、事業承継が極めて重要な課題になっています。この課題を解決し、価値ある事業を未来へつなぐことを目的に、2017年5月24日、あおぞら銀行はABNアドバイザーズ株式会社を設立しました。同社は、中堅・中小企業に最適化したM&Aアドバイザリー業務などで事業承継をサポートするとともに、当行の強みである地域金融機関等とのネットワークを活かし、地域金融機関等と連携しながら、全国各地の中小企業の事業承継等の問題に取り組んでいます。