セキュリティ

金融犯罪

近年、インターネットバンキングを利用してお客さまのご預金を不正に払い出す犯罪が発生しています。これらの犯罪の手口は、さまざまな手段を用いてログインパスワードや暗証番号等の情報を不正に入手し、インターネットにアクセスして預金を引き出すというものです。

事例紹介

フィッシング詐欺

「フィッシング」と呼ばれる詐欺の手口では、銀行からのお知らせなどを装った電子メールを送り、偽のホームページに暗証番号などを入力させ、個人情報を搾取します。ホームページ等が不審だと感じた場合は、安易に個人情報を入力しないでください。

【あおぞら銀行のフィッシング詐欺対策】

■当行からお客さまに通知するEメールでは、ログインパスワード等のお客さまの個人情報を確認することは一切ございません。

■インターネットバンキングによりお客さまに通知するEメールには、電子署名を付与しておりますので、Eメールの正当性をご確認いただけます。

■当行のWEBサイトおよびEメールアドレスにて使用するドメイン名は、以下のとおりです。これ以外の類似したドメイン名が使用された場合は、フィッシング詐欺の疑いがありますので、十分ご注意ください。

WEBサイト インターネットバンキング www.ib2.aozorabank.co.jp
デビット専用WEB ccplus.aozorabank.co.jp
その他 www.aozorabank.co.jp
Eメールアドレス ・・・@aozorabank.co.jp
・・・@otp-auth.net

■お客さまがアクセスしているWEBサイトが正当な当行のサイトであることを容易にご確認いただけるよう、DigiCert(旧シマンテック・ウェブサイトセキュリティ)のサーバー証明書「EV SSL証明書」を採用しています。

■フィッシングで悪用される偽のWEBサイト(フィッシングサイト)が発見された場合、被害拡大防止のため、迅速にフィッシングサイトを閉鎖する必要があります。当行は、EMCジャパンが提供する「RSA FraudAction」サービスを採用しており、フィッシングサイトを速やかに閉鎖する体制を整備しております。

「RSA FraudAction」については、こちらを参照ください。

スパイウェア

「スパイウェア」と呼ばれる手口では、ウィルスのように侵入し、パソコンに入力された情報などを外部送信することで暗証番号などを不正に入手します。不審なソフトのダウンロードなどは避けるほか、ソフトウェアキーボード(マウスのクリックのみでログインパスワードおよび取引確認用パスワードをご入力いただけます)や市販のセキュリティ対策ソフトのご利用をお勧めいたします。 スパイウェア
ページ上部へ