セキュリティ

インターネットバンキングセキュリティ

インターネットバンキングサービスでご提供する、主なセキュリティ対策についてご紹介します。

電子署名付きEメール

インターネットバンキングのお取引の際に当行からお客さまにお送りするEメールには、電子署名を付与しております。

この電子署名により、

  • 1. Eメールの送信元が、あおぞら銀行であること
  • 2. Eメールが送信途中で改ざんされていないこと

をご確認いただけることになり、Eメールを悪用したフィッシング詐欺への有効な対策となります。

電子署名付きEメールの仕組み

電子署名付きEメールの仕組み

ご注意事項

  • ・電子署名付きEメールは、S/MIMEというEメール暗号化技術の規格でお送りしますので、お客さまがご利用のメールソフトがS/MIMEに対応していることが必要になります。
    ご利用のメールソフトのS/MIME対応状況については、各ソフトウェアメーカーにお問い合わせください。
  • ・当行からの正当な電子署名付きEメールであっても、ご利用いただいているパソコンのOSやブラウザ、メール閲覧ソフトのバージョンによって、電子証明書が有効と表示されない場合があります。インターネットバンキングのご利用にあたっては、当行でご利用いただけるOSやブラウザを最新の状態でご利用ください。
    インターネットバンキングのご利用環境(OS・ブラウザ)

  • ・携帯電話のEメールは電子署名に対応していないため、電子署名を付けずにお送りします。
  • ・S/MIME未対応のメールソフトやウェブメールをご利用の場合は、電子署名によるEメールの送信元確認・改ざん有無確認を行うことはできませんが、メール本文は正常に表示されます。
    その際、電子署名は「smime.p7s」という名前のファイルとしてEメールに添付されます。

電子署名付きEメールの確認方法

  • 1. 電子署名付きEメールを受信した際、セキュリティ警告が出ていないこと
  • 2. 送信者アドレスが、『ib-service@aozorabank.co.jp』であること
  • 3. 電子証明書の発行者が、『Symantec Class 3 Organizational CA - G4』となっていること
  • 4. 電子証明書の発行先が、『Aozora Bank, Ltd.』となっていること
  • 5. 電子証明書の有効期間が切れていないこと

電子署名付きEメールを受信された際の表示画面や電子署名等の確認方法は、メールソフトによって異なります。ここでは、Microsoft Outlook 2010の画面例をご紹介しますが、お客さまがご利用の環境により実際の画面内容と異なる場合もありますので、その他のメールソフトをご利用の場合も含め、詳しくは各ソフトウェアメーカーにお問い合わせください。

Microsoft Outlook 2010の場合

  • 1. 送信者、件名などが表示される欄の右側にあるリボンのマークのボタンを押します。

※電子署名付きEメールを受信した際、メールを開く前に灰色の画面が出た場合、またはメールを開くことができても署名者の下に赤線が引かれている場合、受信したメールは送信元アドレスが詐称されている、Eメール本文が改ざんされている等の問題がありますので、そのようなEメールは信頼できません。そのようなEメールを受信された場合は、メール本文に記載されているリンクや添付ファイルは開かないようお願いいたします。

  • 2. 「デジタル署名:有効」ウィンドウが開くので、「詳細」ボタンを押します。

  • 3-(1) 「メッセージセキュリティのプロパティ」ウィンドウで、「署名者」欄のメールアドレスが
      「ib-service@aozorabank.co.jp」であることを確認します。

  • 3-(2) 「詳細の表示」ボタンを押します。

  • 4. 「署名」ウィンドウが開くので、「証明書の表示」ボタンを押します。

  • 5. 「全般」タブの「証明書の情報」が以下の内容であることをご確認ください。
発行先 Aozora Bank, Ltd.
発行者 Symantec Class 3 Organizational CA - G4
有効期間 有効期間内であること

ページ上部へ