よくあるご質問

セキュリティについて

Q1. フィッシング対策はおこなっていますか?
A1.

インターネットバンキングにより当行からお客さまへ送付するEメールにつきましては、電子署名をつけております。
また、お客さまがアクセスしているWEBサイトが正当な当行のサイトであることを容易にご確認いただけるよう、DigiCert(旧シマンテック・ウェブサイトセキュリティ)のサーバー証明書「EV SSL証明書」を採用しています。

Q2. なぜ必ずEメールアドレスを登録するのですか?
A2.

インターネットバンキングで一部の資金移動取引および各種変更申込の際、取引確認用パスワードに加えてメール通知パスワードの入力をすることでセキュリティを強化しています。
また、資金移動取引・各種変更申込のお取引結果等をご登録のEメールアドレスに送信することにより、万が一、不正な取引があった場合に発見することができます。

Q3. あおぞら銀行からのEメールが携帯電話に届かないのですが?
A3.

迷惑メール対策でドメイン指定等の受信制限をされていないかご確認ください。
当行から送信するEメールアドレスのドメインは、・・・@aozorabank.co.jpまたは・・・@otp-auth.netとなります。

Q4. SSL(128bit)とはなんですか?
A4.

SSLとは、インターネット回線上での情報が盗まれたり、故意に書き換えられたりされないための暗号通信方式です。当行のインターネットバンキングではこの128bitSSLを採用し、お客さまの大切な情報をお守りいたします。

Q5. ログインすると、ログインした記憶のない時間にログインした記録が表示されましたが、どうすればよいですか?
A5.

ご利用状況に不審な点がある場合には、ただちにログインパスワ−ドを変更した後、下記までお問い合わせください。

あおぞらホームコール (0120-250-399)

平日: 9:00〜17:00

カード紛失共同受付センター (0120-011-033)

平日: 17:00〜9:00
土・日曜日、祝日、12月31日〜1月3日 :終日

Q6. ログインしようとしても、ログインができないのですが?
A6.

ログインID、ログインパスワードが正しいかどうか再度、お確かめください。

Q7. インターネットバンキングのセキュリティは大丈夫ですか?
A7.

ご本人さまからのご依頼であることを確認するために、ログイン時にログインIDとログインパスワードを入力していただき、その両方が正しく入力されてはじめてログインができる仕組みとなります。
また、お取引を行う際は、取引確認用パスワード、メール通知パスワードなどをご入力いただきます。
所定の回数、誤入力されますと、インターネットバンキングサービスが利用できなくなります。

Q8. スパイウェア対策はおこなっていますか?
A8.

パソコンのキーボードからの入力情報を盗み取る、キーロガー等のスパイウェア対策として、ソフトウェアキーボードを採用しています。
ただし、画面情報そのものを盗み取る等のスパイウェアには効果がありませんので、ご注意ください。
当行無料配布のセキュリティ対策ソフト「SaAT Netizen」、市販のセキュリティ対策ソフトのご利用をお勧めします。

Q9. 電子署名メールとはなんですか?
A9.

当行からお客さまに送付するEメールに関して、そのEメールが間違いなく当行が作成したこと、Eメールの内容が改ざんされていないことを証明するために、Eメールに対して当行が署名を行うものです。
電子署名とは、インターネットの世界での署名手続きであり、Eメールに添付された当行の署名をご確認いただくことで、お客さまには安心してそのメールをご覧いただくことができます。
なお、携帯電話のEメールは電子署名に対応していないため、電子署名を付けずにお送りします。

ページ上部へ