用語集

あおぞら銀行でご案内している商品に関する用語をわかりやすく解説しています。
商品をお選びいただく際などにお役だてください。

仕組預金

繰上満期日

当行が満期日選択権を行使した場合、当初満期日から繰り上がり、当初予定よりも早められた満期日をいいます。

契約締結前交付書面

投資元本割れとなる可能性がある商品のお取引にあたり、お客さまにご確認いただきたい重要な事項が記載された書面をいいます。記載内容については金融商品取引法および銀行法で詳しく定められています。
お取引にあたっては、必ず契約締結前交付書面をよくお読みください。

仕組預金(満期日繰上特約付定期預金)

当行が満期日選択権を行使する権利を持つオプションが組み込まれたデリバティブ内蔵型預金(固定金利型)です。満期日選択権の対価が金利に反映され、通常の定期預金より好金利を実現する仕組みとなっています。

シングルコーラブル型

仕組預金(満期日繰上特約付定期預金)のうち、満期日選択権行使日(繰上満期日または中間利払日)が1日のものをいいます。当行がご案内する仕組預金のうち、エクセレントファースト2はシングルコーラブル型です。

単利

お預入れいただいた元金に対してのみ利息をつける計算方法をいいます。

中間利払日

満期日までの間にお利息をお支払いする日をいいます。
お預入れ期間が1年を超える定期預金には中間利払日が設定されます。

当初満期日

当行が全ての満期日選択権を行使しなかった場合の満期日のことです。

満期日繰上特約

当行の判断により、満期日を当初満期日から繰上満期日に繰り上げることができる特約のことです。

満期日選択権行使日

当行が満期日選択権を行使することができる日です。

マルチコーラブル型

仕組預金(満期日繰上特約付定期預金)のうち、満期日選択権行使日(繰上満期日または中間利払日)が複数日のものをいいます。当行がご案内する仕組預金のうちエクセレントファーストV2(バリューツー)はマルチコーラブル型です。

仕組預金(上限金利特約付TIBOR連動型変動金利定期預金)

「全預入期間にわたり上限金利を設ける」特約が付されたデリバティブ内蔵型預金(変動金利型)です。この特約の対価が金利に反映され、当初利率は通常の定期預金より好金利を実現する仕組みとなっています。

TIBOR

TIBORとはTokyo InterBank Offered Rateの略称で、銀行間で短期資金の貸借を行うことを想定した金利であり、銀行が企業などに融資する際の金利を決める基準の1つとなっています。 一般社団法人全銀協TIBOR運営機関が、リファレンス・バンクが呈示する毎営業日の午前11時時点のレートをもとに算出し、公表しています。TIBORには「日本円TIBOR」と「ユーロ円TIBOR」とがあり、各々1週間物、1ヶ月物、2ヶ月物、3ヶ月物、6ヶ月物、12ヶ月物の6種類のレートが公表されています。当行がご案内する仕組預金のうち、アドバンテージ・ファーストの2年目以降の適用利率は、「日本円TIBOR」6ヶ月物の公表レートに連動して設定されます。

※用語集でご説明する商品は、商品により、価格の変動等により損失が生じる(元本割れとなる)おそれがあり、所定の手数料等がかかる場合があります。
詳しくは、各商品に関する当サイト内のご注意点、ご留意事項等および店頭備置きの契約締結前交付書面、目論見書等をご確認ください。

※掲載情報の正確性、完全性、信頼性、適切性等についてあおぞら銀行が保証するものではありません。

このページの上部へ戻る