あおぞらインターネットバンキングにおける暗号化方式「SSL 3.0」の終了について

あおぞらインターネットバンキングでは、インターネットバンキングの安全性を確保するために、2015年7月26日(日)より、「SSL 3.0」によるアクセスを無効にさせていただきます。

2015年7月26日以降、あおぞらインターネットバンキングの推奨環境以外からのご利用もしくは推奨環境でのご利用であっても以下のような場合は、「このページは表示できません」等のブラウザのメッセージが表示されインターネットバンキングへのアクセスができなくなる可能性がありますのでご注意ください。

2015年7月26日(日)よりインターネットバンキングへアクセスできなくなる可能性のあるお客さま

  • あおぞらインターネットバンキングの推奨環境以外からのご利用の場合
  • ブラウザのセキュリティ設定等により、「SSL 3.0」のみを有効にする設定をしている場合
  • ブラウザのセキュリティ設定等により、「TLS」の設定をオフにしている場合

あおぞら銀行のWEBサイトおよびあおぞらインターネットバンキングは新しい暗号化規格である「TLS」に対応しております。ご利用にあたっては、お使いのブラウザの設定について、以下の手順を参考に、「SSL 3.0」を無効にして「TLS」をご利用いただきますようお願いいたします。

Internet Explorerでの設定変更方法(※)

  1. Internet Explorerの[ツール]メニューの[インターネット オプション]をクリックします。
  2. [インターネット オプション]ダイアログの[詳細設定]タブをクリックします。
  3. [セキュリティ]カテゴリで、(SSL 2.0以下および)[SSL 3.0を使用する]のチェックを外し、[TLS 1.0を使用する]、[TLS 1.1の使用]、および[TLS 1.2の使用]にチェックにします。
  4. [OK]をクリックし、ダイアログを閉じます。
  5. Internet Explorerを一度閉じて、再度Internet Explorerを立ち上げてください。

(※お客さまのご使用されているInternet Explorerのバージョンによって、TLS1.1及びTLS1.2の設定が表示されない場合がございます。この場合はTLS1.0が有効になっていることをご確認ください)

Safariでの設定変更方法

当行ご利用環境のSafariはTLSを標準でサポートしております。
なお、よりセキュリティ強度を上げるためにもApple社より提供されるセキュリティアップデートの更新をおすすめいたします。

重要なお知らせ一覧へ戻る

このページの上部へ戻る