女性従業員の活躍推進

基本方針

当行では、性別に関係なく、多種多様なバックグラウンドを持つ人材が活躍でき、組織全体としてパフォーマンスが向上するような職場環境作りを目的に、人事担当役員が主導して、ダイバーシティ推進および女性活躍推進を図っています。(「女性活躍推進法」にかかる行動計画はこちら(PDF:55KB)

女性従業員の状況

勤続年数の男女差

当行では、女性従業員の方が男性従業員よりも勤続年数が長くなっています。これは、他社にはあまり見られない当行の特長であり、性別に関係なく、長く働くことができる職場環境と言えます。
今後、「女性の勤続年数が男性の勤続年数を1年以上下回らない」ことを目標に、引続きより良い職場環境作りを推進していきます。

採用者に占める女性比率

当行では、性別に関係なく、毎年有能な人材を採用しています。結果として、採用者に占める女性比率は3〜5割と、毎年安定的に有能な女性従業員を採用しています。

従業員に占める女性比率

当行従業員の約半数が女性であり、職能・年齢・経験に関わらず、様々な分野で女性が活躍しています。

注:在籍出向者、スタッフを除く

管理職に占める女性比率

当行では、性別に関係なく、有能な人材を管理職に登用しています。結果として、管理職に占める女性比率は金融業・保険業の平均値9.0%(※)を上回る水準となっており、平成29年4月には10%を超えています。

  • (※)女性活躍推進法に関する厚生労働省令
      「産業ごとの管理職に占める女性労働者の割合の平均値」

女性従業員の活躍推進のための施策

あおぞらジョブリターン制度

「出産」「育児」「介護」「配偶者の転勤」等を理由に、当行を退職した女性行員が再び即戦力として活躍することを目的とした再雇用制度『あおぞらジョブリターン制度』を導入しています。

しなやか塾

女性行員が当行で長く活躍してもらうために、他の部署の行員と意見交換を通じて、自分自身を改めて見直す機会を提供する『しなやか塾』を毎年実施しています。

在宅勤務制度・フレックスタイム制度

全行員を対象に2017年4月より在宅勤務制度を導入しています。フレックスタイム制度を併用して、子育てや介護などの事情を抱える行員の利用も推進しています。

  • ニュースリリースメール配信
  • よくあるご質問
  • 金融円滑化管理体制

このページの上部へ戻る