沿革

1957年 4月 長期信用銀行法に基づき日本不動産銀行として設立(資本金10億円)
1977年 10月 行名を日本債券信用銀行に変更
1994年 2月 国内業態別子会社として、日債銀信託銀行(現GMOあおぞらネット銀行)株式会社設立
1998年 12月 「金融機能の再生のための緊急措置に関する法律」に基づく特別公的管理開始に伴い、東京証券取引所、大阪証券取引所への株式上場廃止
1999年 9月 日債銀債権回収(現あおぞら債権回収)株式会社サービサー営業開始
2000年 9月 ソフトバンク株式会社、オリックス株式会社、東京海上火災保険株式会社(現東京海上日動火災保険株式会社)、その他内外金融機関等に対し、預金保険機構が当行株式を譲渡し、特別公的管理終了
10月 公的資金の注入
11月 テレフォンバンキング業務開始
2001年 1月 行名をあおぞら銀行に変更
2003年 3月 本店移転(千代田区九段北から九段南へ)
9月 普通株式について証券取引法(現金融商品取引法)による公開買付が実施され、主要株主であったソフトバンク株式会社は同社保有の全ての普通株式を、Cerberus NCB Acquisition, L.P., General Partner Cerberus Aozora GP L.L.C.に譲渡
2005年 6月 香港に子会社Aozora Asia Pacific Finance Limitedを設立
7月 ニューヨーク駐在員事務所を開設
2006年 4月

金融機関の合併及び転換に関する法律に基づき、長期信用銀行から普通銀行に転換

証券子会社として、あおぞら証券株式会社設立

11月 東京証券取引所市場第一部へ再上場
2007年 5月 上海駐在員事務所を開設
2008年 4月 Cerberus NCB Acquisition, L.P., General Partner Cerberus Aozora GP L.L.C.が、普通株式について金融商品取引法による公開買付を実施
2009年 4月

インターネット支店を開設、
インターネットバンキング業務開始

2011年 12月 ジャパン・ウェルス・マネジメント証券株式会社を完全子会社化(2012年2月にあおぞら証券株式会社と合併。新会社名あおぞら証券株式会社)
2012年 8月 資本再構成プラン発表
12月 フィナンシャルオアシス自由が丘(渋谷支店自由が丘出張所)を開設
2013年 1月 親会社であったCerberus NCB Acquisition, L.P., General Partner Cerberus Aozora GP L.L.C.による、当行普通株式の売り出しの実施
3月 あおぞらキャッシュカード・プラス(Visaデビット)取扱開始
あおぞら地域総研株式会社設立
8月 Cerberus NCB Acquisition, L.P., General Partner Cerberus Aozora GP L.L.C.が保有する当行普通株式をすべて売却
2014年 2月 投信子会社として、あおぞら投信株式会社設立
5月 シンガポール駐在員事務所を開設
2015年 1月 投資助言業子会社として、あおぞら不動産投資顧問株式会社設立
6月 公的資金を一括返済
12月 ロンドンに子会社Aozora Europe Limitedを設立
2016年 5月 新勘定系システムへの移行完了
2017年 5月 本店移転(千代田区麹町へ)
M&Aアドバイザリー子会社として、ABNアドバイザーズ株式会社設立
2018年 4月 ファンド運営子会社として、あおぞら企業投資株式会社設立
7月 GMOあおぞらネット銀行株式会社がインターネット銀行事業を開始
8月 金融機関の信託業務の兼営等に関する法律第1条に基づく信託業務の兼営認可を取得
10月 GMOあおぞらネット銀行株式会社より信託業務を承継し、信託業務を開始
  • ESG情報インデックス
  • ニュースリリースメール配信サービス
  • よくあるご質問
  • 金融円滑化管理体制

このページの上部へ戻る