主要業務の概要

個人営業グループ

当グループは個人のお客さまに対するフェイス・トゥ・フェイス(対面)のきめ細かい資産運用コンサルティングと子会社「あおぞら証券株式会社」、「あおぞら投信株式会社」が提供する“あおぞらブランド”の商品力を活かした、幅広い金融商品ラインナップを提供し、お客さまの多様なニーズに的確にお応えできる態勢を整えています。

また、店舗、コールセンター、インターネット、ゆうちょ銀行等の提携ATMなどの各チャネルの利便性の向上及び拡充に取り組み、お客さまの資産形成のお役に立てる商品やサービスをお届けしております。

法人営業グループ

当行は、お客さまの“進化する「頼れる、もうひとつのパートナーバンク」”として、金融仲介機能を十分に発揮し、お客さまの持続的な成長・発展に向け、資本政策や事業再生等の助言、経営や営業に資する情報、海外展開サポート等、お客さまが抱えるさまざまな経営課題に対して、付加価値の高い金融ソリューションを提供しています。また中小企業の事業承継問題に取り組むべく、M&Aアドバイザリー会社「ABNアドバイザーズ株式会社」および事業承継ファンドを設立し、事業承継に伴う資金調達ニーズも含め、多様なソリューションを提供しています。

金融法人・地域法人営業グループ

当行グループは60年以上にわたり、全国の金融機関のお客さまと多面的な取引を展開し、お客さまの多様化する経営課題の解決やさまざまなニーズにお応えするために、多様な金融商品やサービスを提供しています。

特に地域金融機関のお客さまとの協働を通じて、その広範なお取引先ネットワークに対し、当行グループの金融ノウハウを活かしたソリューションを提供することによって、地域経済の活性化や地方創生に貢献していきます。

スペシャルティファイナンスグループ

スペシャルティファイナンス業務では、さまざまな資産を裏付け、あるいは担保とするファイナンスを提供しています。特に不動産ファイナンスと事業再生ビジネスは当行が強みを有する分野で、重点分野として積極的に取り組んでいます。対象とする資産としては、安定的・優良アセットから再生途上にある企業向け投資等までカバーしており、お客さまのニーズに合った、さまざまな金融サービスを提供しています。当行は、こうした分野における経験と実績、アセットを評価する能力、お客さまのニーズに対応するストラクチャリング力、有力な案件関係者とのネットワークを強みとしています。

日々変化する市場環境に留意しながら、リスクに見合う収益性を有する案件を着実に積み上げることにより、安定的に収益を生み出す良質なポートフォリオの構築を目指しています。

インターナショナルファイナンスグループ

北米・欧州・アジア地域を中心とするお客さまやプロジェクトを対象とした企業向けファイナンス、プロジェクトファイナンス等に取り組んでいます。当行は、こうした分野における経験と実績、適切にアセットを評価しモニタリングする能力、お客さまのニーズに対応するストラクチャリング力、各国の市場・業界関係者との強固かつ幅広いネットワークを強みとしています。

日々変化する市場環境に留意しながら、リスクに見合う収益性を有する案件を着実に積み上げることにより、安定的に収益を生み出しリスク分散の利いた良質なポートフォリオの構築を目指しています。

ファイナンシャルマーケッツグループ

当グループでは、デリバティブ業務、およびALM(アセット・ライアビリティー・マネジメント)業務を行っています。デリバティブ業務については、お客さまへのコンサルティング型アプローチなど付加価値営業を強化し、収益力の向上と取引基盤の拡充を進めています。また、事業法人から金融法人・個人のお客さままで、すべてのお客さまのニーズにお応えできるように商品供給力を強化しています。ALM業務については、流動性が高い有価証券を中心とした分散投資により、安定したポートフォリオの構築に努め、基礎収益を補完するバランスのとれた金利リスク運営により、安定的な収益確保に努めています。また、定期預金や譲渡性預金、国内普通社債の継続的な発行により、調達の多様化・安定化を図っています。

信託ビジネスグループ

お客さまの保有する金銭債権・不動産・有価証券等の資産流動化業務を中心に、信託サービスを提供しております。
事業法人のお客さまには、金銭債権信託・不動産管理信託・エスクロー信託等のサービスを提供しております。
金融法人のお客さまには、特定金銭信託・有価証券信託等のサービスを提供しております。

お客さまの多様なニーズにお応えするため、信託機能の持つ幅広い可能性を生かしたサービスを提供してまいります。

  • ESG情報インデックス
  • ニュースリリースメール配信サービス
  • よくあるご質問
  • 金融円滑化管理体制

このページの上部へ戻る